ホームへ戻る サイトマップ



1.介護保険に加入する人

 介護保険制度では、40歳以上の人はすべて被保険者として加入し、保険料を納付します。ただし、年齢によって、第1号被保険者・第2号被保険者に分けられ、保険料の金額やその納付方法など、異なる点があります 。
第1号被保険者
●65歳以上の全国民
 その原因を問わず、入浴、排泄、食事などの日常生活に常に介護が必要となったときは、介護サービスを受けられます。
 保険料は市区町村が徴収します。年金月額15,000円以上の人は年金から差し引かれ、15,000円未満の人は、区町村が個別に徴収します。
 なお、第1号被保険者の人で40歳以上65歳未満の被扶養者を有している人は、「特定被保険者」となり介護保険料が徴収されます。
第2号被保険者
●40〜64歳の医療保険に加入している人
 介護サービスを受けられますが、保険給付対象となる病気(特定疾病)が限られています。
第2号被保険者の特定疾病一覧
 1.初老期の認知症 9.慢性閉塞性肺疾患
 2.脳血管疾患 10.両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
 3.筋萎縮性側索硬化症 11.関節リウマチ
 4.パーキンソン病関連疾患 12.後縦靱帯骨化症
 5.脊髄小脳変性症 13.脊柱管狭窄症
 6.多系統萎縮症 14.骨折を伴う骨粗鬆症
 7.糖尿病性腎症・網膜症・神経障害 15.早老症
 8.閉塞性動脈硬化症 16.末期がん
 保険料は健康保険組合が健康保険料とあわせて徴収します。40〜64才の健康保険の被扶養者については、直接保険料を納めることはありません。


特定被保険者
 第2号被保険者以外(40歳未満または65歳以上、適用除外者を含む)でも、40〜64歳の被扶養者を有している人は特定被保険者となり介護保険料が徴収されます。
 例1):本人は35歳だが、41歳の配偶者を扶養している。  
 例2):本人(45歳)は単身赴任で海外駐在しているが、国内に住居している42歳の配偶者を扶養している。

上へもどる