ヘルスインフォメーション

 ヘルスインフォメーション目次へもどる
日焼け対策は万全に!

  女性を中心に夏の心配事に紫外線による肌の荒れがあります。ご存知の方も多いかもしれませんが、真夏になっての予防より、紫外線の多い5〜6月からの予防が大切なのです。ヘルスインフォメーションを見た今日からキチンと予防し、夏の紫外線をやり過ごしましょう。

contents

 紫外線はお肌の大敵
 紫外線対策は夏だけ?
 日焼け止めの選び方
 皮膚のダメージを回復する食べ物
 それでも日焼けしてしまったら…

紫外線はお肌の大敵

イラスト  太陽光線は光線の長さによって、長いものから「赤外線」、「可視光線」、「紫外線(UV)」の3つに分かれます。肌に働きかけるのは、赤外線と紫外線で、赤外線は熱作用で体を温め、毛細血管を広げて新陳代謝を盛んにする働きがあります。
  紫外線は、さらに波長の長いものから順に「UV-A(色素沈着)」「UV-B(赤斑作用)」「UV-C(殺菌作用)」の3つに分けられます。UV-Cは波長が短いため、オゾン層などで吸収され、地表には届きません。今まで、人体に影響を与える紫外線はUV-AとUV-Bの2種類とされていました。しかしここ数年、フロンガスの増加によってオゾン層が破壊されてUVC-が地上へ達する事が懸念されています。

UV−B:皮膚に炎症を起こす有害な紫外線  紫外線でまず危険といわれているのが「UV-B」です。肌にあたると、「サンバーン(皮膚が赤く炎症を起こす日焼け現象)」を起こします。サンバーンは、やけどの一種です。ひどい場合には、痛みや発熱、水ぶくれも起こります。皮膚がんの原因にもなりえます。
  サンバーンによる赤みは3日後くらいから徐々にひいていき、続いてサンタン(皮膚の黒化)と肌あれが起こります。サンタンはシミ、ソバカスの原因になります。

UV−A:タルミ、シワの原因となる紫外線  UV-Bに比べ、エネルギーも弱いのが「UV-A」です。かつてUV-Aは「身体に優しい紫外線」と認識されていましたが、ここ十年ほどで「UV-Aはたるみ・シワのもと」ということが明らかになりました。波長の長いUV-Aは、真皮の奥深くまで達します。真皮にはコラーゲンとエラスチンという繊維状のタンパク質が網目状にはりめぐらされています。コラーゲンやエラスチンはゴムのような弾力性を持っていますが、UV-Aが真皮に入り込むとその影響を受けて、固く切れやすく変質してしまいます。すると、皮膚がたるみ、深いシワができやすくなるのです。
UVーC:オゾン層に吸収されるが、とても強力な紫外線 UV-Cはたいへん強いエネルギーを持っているので、理容室のハサミ・櫛の殺菌機器などに使われます。それだけに、肌にあたれば、人体に強い影響を与えます。
ただし…
  太陽の光は悪いだけではありません。太陽の光を浴びればすがすがしい気持ちにもなりますし、ビタミンDの合成を促進し、カルシウムの吸収を助けるため、骨が強くなるなどの良い点ももちろんあります。
  悪影響を及ぼすのは太陽紫外線です。この紫外線を上手に防ぐことが大切なのです。
このページのTOPへ
紫外線対策は夏の晴れた日だけ?

  最も紫外線が強いのは、やはり夏ですが、ほかの季節でも意外と紫外線が強く、夏だけの紫外線対策では不十分です。月ごとと一日のなかでの紫外線の変動量をみてみると、紫外線は春先の3月にぐっと増えて6月にピークを迎えて8月までは多く、9月以降、ようやく減少し始めます。1日のうちでは、朝10時にはすでに紫外線はかなりの量に達し、午後3時まで続きます
  太陽が出ていない夜以外は紫外線がゼロになる事はありません。

紫外線の年間変動量と1日の変動量のグラフ

その他の紫外線対策

  • 首筋も日にやけやすいので、襟のある服を着たほうがベター
  • ストッキングはUVカット効果のあるものを
  • 肌の露出は少なくし、日が高いときには薄手のカーディガンをかける
  • サングラスは真っ黒で幅の狭いものだと瞳孔が開き、光が目に入りやすくなるので、UVカット効果のある淡い色で幅が広いもの
  • 帽子はつばの広いもの(つばが7cm以上のものがベストで顔が浴びる紫外線の約60%をカットできる)を。帽子がなければ日陰を選んで歩く
  • 日傘利用時は色の濃いもので、低めにさす(体全体が入るよう)のがおすすめ

乳・幼児の紫外線対策

イラスト  一昔前は、「日光浴」は、赤ちゃんや子供の健康に良いとされて、ずいぶんすすめられてきました。しかし、最近では木陰などで外気に当たる「外気浴」だけで、骨の成長に必要なビタミンDの活性も十分に得られることがわかってきました。逆に、紫外線を浴びすぎることによる皮膚のトラブルも明らかになってきていますので、赤ちゃんや子供の紫外線対策も必要です。

  日焼け対策は、とにかく直射日光を避けること。カンカン照りの日の10〜14時の間は、紫外線の量も非常に多いので、外出は避けたほうが無難です。出掛けるときは、帽子や薄地の長袖、ベビーカーには必ず幌をかけて。乳幼児用の紫外線防止剤もあります。塗り残し、塗りむらがでないように、均一に塗るのがコツです。特に子供は汗っかきなのでこまめに重ねづけをするようにしましょう。

このページのTOPへ
日焼け止めの選び方

  テレビなどで、ご存知の方も多いと思いますが、日焼け止めの効果の指標としてSPF値とPA値があります。
  市販されている日焼け止めはいろいろあるので、TPOに合わせた使用を心がけましょう。


SPF値主にしみや皮膚がんの原因となるUVB防止効果を表した数値です。仮に素肌が赤くなるのに20分とするとSPF10の日焼け止めを塗った場合、赤くなるのに20分×10=200分の時間がかかるということになります。
効果は数字が大きいほど高くなります。
PA値UVA防止効果を表わした数値です。肌老化の原因ともいわれるUVAによる黒化(サンタン)をどの程度の時間、遅らせる事ができるかを表わしています。
素肌に比べ「PA+」…2倍〜4倍、「PA++」…4倍〜8倍、「PA+++」…8倍以上遅らせることができます。
効果は「+」で表示され、+が多いほど高くなります。

<選ぶポイント>

1. SPFだけではなく、PA表示もあるものを
イラスト  UVB・UVAともに防いでこそ、日焼け対策をしているといえます。また、数値の高いものを一度つけただけで、そのまま何もしないよりも、適切な数値のものを、2〜3時間置きに付け直す方が、肌への負担も少なく効果的ということになります。

2. 用途に合わせて、使い分けましょう 

外出の目的
SPF
PA
買い物・散歩 10前後
草刈り・スポーツ観戦 20前後 ++
海水浴・登山 30以上 +++

※たとえウォータープルーフでも、汗をかいたらこまめに付け直すようにしましょう。

★塗り忘れやすい場所★
耳のうしろ、肩、首筋、唇、手の甲など

このページのTOPへ
皮膚のダメージを回復する食べ物

  日焼けによる皮膚のダメージを回復させるには、新陳代謝を活発にする働きをもつビタミンA、C、Eを多く含む食品を中心に、バランスのとれた食生活を心がけることが大切です。

ビタミンC …紫外線によって皮膚に発生する活性酸素を抑え、コラーゲン合成の促進作用もある。

イラストブロッコリー、芽キャベツ、赤ピーマン、カリフラワー、イチゴなど

亜鉛…細胞の再生に必要な栄養素で、不足すると紫外線に対する皮膚の抵抗力が低下する。

イラストかき、豚レバー、牛レバー、牛もも肉、鶏レバー、うなぎ、鶏ささみなど

ビタミンE…活性酸素の影響で細胞膜が不飽和脂肪酸から過酸化脂質に変わるのを防ぐ。活性酸素を抑えこむと同時に自らも酸化してしまうが、ビタミンCをいっしょにとるとすぐに還元される。

イラストはまち、ひまわり油、うなぎ、アーモンド、かぼちゃなど

セレン…紫外線によって酸化した皮膚の細胞膜の分解を促進する。また、ビタミンC、E、β-カロテンなどの抗酸化ビタミンといっしょにとると、発がんを抑制するはたらきも。

イラストいわしの丸干し、しらす干し、小麦胚芽、玄米、ぬか、麹など

β-カロテン…体内で代謝されて必要な分だけビタミンAになり、その残りのβ-カロテンが活性酸素を抑えてくれる。また、ビタミンAには発がんを抑制したり、皮膚の免疫機能やバリア機能を維持するはたらきもある。

イラストモロヘイヤ、しゅんぎく、ほうれん草、明日葉、小松菜、だいこん菜など

アミノ酸(L-システイン)… 皮膚において強い抗酸化作用を発揮し、皮膚細胞を守る。メラニンの生成を抑えたり、できてしまったメラニンを少なくするため、しみを防ぐ効果もある。

イラスト豚レバー、豚ひれ肉、ハチミツ、卵、ねぎなど

ビタミンB2…細胞の再生や成長を促進するはたらきがあり、皮膚の新陳代謝を高めてくれる。

イラスト豚レバー、牛レバー、鶏レバー、うなぎ、いわし、ぶりなど

このページのTOPへ
それでも日焼けしてしまったら…

イラスト  人の肌は紫外線に当たることによって細胞を傷つけられ、赤くなったり、ひりひりしたり、ひどい場合には水泡ができたりします。これは火傷と同じ症状です。その場合は皮膚科を受診しましょう。
  日焼けしたらまず濡れタオルや冷水シャワーで十分ほてりを鎮めることが大切。 ケア商品を使用するのはそれからでも十分です。

イラスト  ある程度ほてりが収まったら、かゆみや痛みの炎症を鎮める処置を。
  水分を肌に与えるため、お風呂上がりに専用のサンケア製品をたっぷり塗ることが効果的です。

このページのTOPへ

  身体への影響を考えると、紫外線を避けることも大切ですが、まったく太陽の光を浴びずに、外出をしないというのも、あまり健康に良いとは言えません。
  紫外線の事を知り、当たりすぎを防ぐため、しっかり対策をとることで、お肌を守ってあげるようにしましょう。